みよしのログ

週刊雑誌アシスタント回顧4コマ漫画ブログです

漫画家アシスタント回顧録~違和感~

f:id:miyosyt:20210423175956j:plain

f:id:miyosyt:20210423180011j:plain

f:id:miyosyt:20210423180025j:plain

f:id:miyosyt:20210423180038j:plain

良く寝て起きた朝に衝撃の一言でした

今日の16時で終わり…?

手元には背景の下書きも
出来ていない真っ白な原稿…

さすがにヤバイと
背中に嫌な汗がでました

昨夜の自由時間での
調べもので資料はバッチリです

時間もないということで
もう迷ってる暇はありません

その後の私の行動は早かったです
下書きをし、大佐にチェックをして
もらい、ガラケーの携帯で写真を
撮り、先生に送る

返信待ちの時は他のコマの
効果線など、チェックが必要でない
ところを進めていきます

プロの原稿に線を引いてる…!
なんて感動は焦りの中に消えてしまってます

早く…早く原稿を終わらせなければ
絶対この1ページは終わらせる!!

と心に誓いペンを走らせました

でも臨時アシで来ていると
思っている私はこの仕事の流れに
腑に落ちない部分がありました

臨時アシというのは
原稿の締め切り間際にアシスタントが
足りなくて、猫の手も借りたい!
という時に呼ぶのでは…?
と思っていたからです

これでは漫画家アシスタント
一泊二日体験ツアー(3食付)みたいなものです

この疑問は後に衝撃の事実をもって
解決されることになります…