みよしのログ

週刊雑誌アシスタント回顧4コマ漫画ブログです

漫画家アシスタント回顧録~アシスタント先は有名な先生でした~

f:id:miyosyt:20210402143044j:plain

f:id:miyosyt:20210402143058j:plain

f:id:miyosyt:20210402143103j:plain

f:id:miyosyt:20210402143114j:plain

当時自分がアシスタントに
なるなんて
一ミリも考えたことは
ありませんでした

なりたいとも思って
なかったです

何故なら大変そうだし
漫画にでてくるような

建物とか小物とかを描ける気が
しなかったのです

実際自分の原稿も
背景や小物を描くのに
すごく苦労してました

そんな中でのこのお誘い

頭が真っ白でうまく考えられない
でも早く返事をしなくてはいけない

そんな混乱の極みのを
数秒間過ごした後

ふと

ここで断ったらもう
こんな機会ないかも…

と思いました

瞬間的に断ってはいけない
という気がしたのです

それは担当さんへの心象を
考慮したのかもしれません
(やる気があるように見られたい)

それに話としては
一泊二日の臨時アシ

もし仕事が出来なくても
逃げれると思ったのです

私はこういうチャンスが
あるときは
ワクワクしながら挑戦する
タイプでなく

怖がりながら、逃げ道を
想定しながら挑戦する
タイプです